ガストの宅配サービスで夏バテ中もしっかり食事を摂ろう

ウーマン

糖質制限の鉄則

ケーキを持つ女性

ダイエットに大敵とされる糖質も脂質も炭水化物も体を動かす重要な要素です。しかし、現代の食生活ではこれらを多く摂り過ぎてしまい、体脂肪が蓄積されやすい傾向にあります。糖質制限ダイエットと言っても、完全にカットするわけではなく、体を維持するための一日に必要な糖質は摂取する必要があります。ブドウ糖は脳の栄養素で、足りないと、頭がボーッとしたり、眠くなったりする低糖状態に陥る恐れがあります。健康的にダイエットをするには、必要な分はしっかりとって、摂り過ぎている分を落とすことが重要なのです。糖質制限ダイエットにおいて、1日の摂取可能糖質は自分の体重に1gをかけた量です。50キロなら50g、65キロなら65グラムなので計算は簡単です。体重65kg、一日65gとした場合カップ焼きそば一杯分71gでオーバーします。白米150g(茶碗一杯分)では55.1g程度になります。糖質制限ダイエットを行なう場合には、食べ物やドレッシングなどの糖質の数字を把握し、上手く献立を組み立てることが重要です。食品によっては一食で一気に糖質をオーバーしますので、低糖質な食品でバランスを取ると良いでしょう。小麦粉は糖質が高いので、精製された小麦粉よりも全粒粉や、ふすまなどを利用した食品を取り入れると良いでしょう。特にふすまは、糖質制限ダイエットにオススメです。ふすまとは、小麦粉を作る時に出る皮などをふすまといいます。食物繊維や鉄分、カルシウムなどが豊富に含まれており、ダイエット中に不足しがちな栄養をカバーしてくれます。